脱毛のリスクっを最小限にするためにすることって何?

脱毛を受ける時、重要なことが、最小限のリスクで完了することです。その場合、まず光脱毛のデメリット、リスクやりすく対策をしっかり考えて受けましょう。

光脱毛」のデメリットは
・時間や手間をかけず、短期間の脱毛効果が望めない。→回数は「医療レーザー」のだいたい3倍の期間がかかります

・「永久脱毛」に近い状態にすることができない→「エステ脱毛」では【終わりがない】ということをJSAが公式に発表しています。(JSA:JSA(Japan Skin-Esthetic Association):日本スキン・エステティック協会とは、医学的知識を必要とする正しいエステティックの教育を目的として、1981年に設立されました。脱毛を中心とする美容全般に関しての啓蒙機関として、エステティック業界の地位向上のために活動している協会となります。)

・脱毛の施術内容とアフターケアを専門レベルで受けられないので少し不安→医療脱毛は資格をもった医師や看護師が行います。万が一、施術中にトラブルがあった場合、その場で対応可能となります。「脱毛サロン」では、医療機関への受診を促す事しかできません!(エステの消費者相談センターに寄せられるクレームの1割程度は施術によるトラブルと言われてます。)

脱毛時のリスクは?

・脱毛後は毛が生えないので、デザインを変えたくても変えることができない。
・乾燥肌になる恐れがある。
・コストと時間がかかる。
・色素沈着(シミみたいな肌の痣)が出来る可能性がある。
・ワキ脱毛を行うと、ワキ汗が多くなったと感じる。
・脱毛に通っている間は日焼け出来ない。
・やけどの可能性。
・毛嚢炎(ニキビみたいな症状)が出る。
・多毛化、硬毛化(毛が増える)の可能性がある。
・白斑、ケロイドが出る危険性がある。

脱毛のリスクの対策は?

・信頼できる施術者と相談、もしくはニードル脱毛を行う。
・低い熱量で施術する。
・細い毛は残す。
・肌に赤みが出ている間は、日に当たらない。
・脱毛を行った後ホームケアに消毒をする。
・脱毛に必要な回数と単価を計算してからスタートする。
・VIOなど、デザインは将来の事も考えて決める。
・UVクリームを使用する。
・まずは半分の量に減らす。
・保湿をしっかりと行う。
・肌に赤みが出ている間は、日に当たらない。

これらのことを頭に入れて脱毛を受けるようにしましょう!

↓↓↓【Web限定】ラットタット(rattat)の全身50部位脱毛初月0円はこちらから↓↓↓


ひまわり証券でFXを